破産者と住宅融資

破産者になると住宅融資にも影響が出ます。夢のマイホームを手に入れるためにコツコツと貯金をしている人は多いと思いますが、購入代金を蓄えだけでまかなえた人は、多くはないと思われます。
貯蓄で全額の支払いができない時は、銀行などから住宅融資を受けて支払いにあてるという手続きを取ります。

金融機関から融資を受ける場合は、それがどんな融資でも審査があります。金額の大小、住宅融資かショッピングローンに関わらず、審査でOKが出なければ融資は使えないのです。
破産者が破産したという記録は、審査で照合する信用情報機関に残されています。この時点で審査に落とされますので、住宅融資に限らず破産者の融資は困難となるでしょう。

破産してから10年程度は、住宅融資を受けることはできないもの考えてください。会社によって基準に差がありますが、基本的には同じくらいです。
金融機関にとっては返済能力のある人に高額融資をする気はあるものの、返済に行き詰まったことがある人への融資はリスクが大きいと考えるようです。過去に借りたお金を返しきれなくなったことがある人に新たにお金を貸すのは、キャッシング会社にとってみればしたくないことでしょう。

また、破産者となるより以前に家を買ったことがる人は、破産者となった時に売却しなければなりません。破産者になったなら、住宅や所有財産を金銭に換えて債権者に返済しなければならないのです。
住宅ローンを返済中に破産者となった場合も同じことです。持っていた家は競売によって処分されて、金銭は債権者によって公平に分配されます。

サイト内関連記事

破産者と融資
破産者とは、裁判所から破産宣告を受けた者のことを言います。この場合、債務者として......
破産者とクレジットカードの融資
破産者はクレジットカードの融資をうけられるのでしょうか。クレジットカードは、それ......

▲このページのトップへ