破産者と融資

破産者とは、裁判所から破産宣告を受けた者のことを言います。この場合、債務者として債権者側に返済義務を負っていることがあります。しなければいけないことを債権者に対して負っている側を債務者といい、この場合は、銀行や金融機関に対して返済義務のある借金がある人のことです。

債務者の反対は債権者です。債権者は、債務者に対して定められた行為を要求することができます。
この場合は、債務者に対して借金の返済を要求できます。しかし債務者の全財産を持って返済に充てても、債務の全てを返済が出来なくなってしまったときがあります。その場合は裁判所に申し立てをして、破産を宣告されると破産者となり、全財産を金銭に変え、返済にあてることができます。

融資の債権者が裁判所に破産申し立てをすることもできますが、返済に行き詰まった債務者が裁判所に破産申し立てを行うことが自己破産です。裁判所から破産が認められると、必要最低限の生活費、財産以外の所有財産は全て融資返済に振り分けられる代わりに、残りの借金の支払いを免除されます。
破産者になったことによって、日常生活に幾つかの法的制約がつくようになります。

ネットや自動契約機など手軽に融資を受けられる次代になり、利用の機会も増えています。ちょっとした買い物にクレジットカードなどを使う機会が多くあると思いますが、これも融資を受けていることになります。そのため、今どれだけのクレジットカードを利用しているのか、消費者金融をどれほど利用しているか、きちんと把握して返済能力を越えた融資を受けないように気をつけてください。

サイト内関連記事

破産者とクレジットカードの融資
破産者はクレジットカードの融資をうけられるのでしょうか。クレジットカードは、それ......
破産者と住宅融資
破産者になると住宅融資にも影響が出ます。夢のマイホームを手に入れるためにコツコツ......

▲このページのトップへ