事業資金の融資を受ける為に確認しておく事

前もって確認しておくべき事が事業資金の融資を受ける為には存在します。きちんと事業資金を融資してもらうために必要なのは、自分の会社の借り入れ能力を確認しておくということです。
金融機関からの信用は、返済可能範囲を理解することが出来なければ得ることはできません。提出する事業計画や返済予定表などの書類において重視されるのは、事業資金の融資を実行してもリスクが無いのかどうか、しっかりとした裏付けが取れているか、企業経営に信頼性はあるのかという点なのです。

有利子負債対キャッシュフロー倍率というものが、事業計画のリスク度合いを確認する為に存在します。借入金と手形割引残高ならびに社債を足した数字で、キャッシュフロー、つまり税引後利益と減価償却費を足した年間返済可能額を割ります。この有利子負債対キャッシュフロー倍率の値が、15~20倍以内であれば中小企業の場合だと、安全圏とされるのです。

最近増加しているのは、このキャッシュフロー倍率を重く見る金融機関だといいます。自社の返済能力を確認して、事業資金の融資を申し入れる場合には、計画性のある借り入れを行うようにしていきましょう。

事業資金の融資審査の目安として借入依存度が用いられるケースもあるようです。借入金と割引手形を足したものから、総資本、つまり自己資本と他人資本の累計を足した額を割った数字が借入依存度で、これは総資本に対する借入金の比率といえます。
このような事業資金の融資審査には、借り入れ既存度50%が、融資実行の可否を分ける分岐点となっているようです。ですから前もって確認しておくと良いでしょう。

サイト内関連記事

事業資金の融資を受ける前に
もしあなたが事業資金の融資を受けようと考えているなら、金融機関から確実に融資を受......
事業資金の融資の申し込みのタイミング
計画中の事業資金の融資を受ける為には、絶対条件として申し込みを早めにするというこ......

▲このページのトップへ