カードローンのデメリット

カードローンのデメリットを事前に知っておくと、失敗のないカードローン利用ができます。カードローンの借入限度額は、最初の審査によって申し込んだ人毎に設定されます。
利用限度額は会社毎、金融商品毎に違いますが、カードローンは総じて低めになるというデメリットがあります。キャッシング会社によっては高額の限度額での利用が可能なところもありますが、最初から大口融資が受けられるところはほとんどありません。

カードローンは他のローンに比べると金利が高く設定されていて、さらに、銀行のカードローンより消費者金融のカードローンのほうが金利は高く設定されているのもデメリットといえます。
借り入れ手続きから融資までが短時間で簡単なカードローンですが、それらは高い金利であげる収益性を基盤に作られたサービスといえます。

この他、カードローンの特色として、限度額以内でなら簡単な手続きで借り入れができる点があります。あまりに簡単に引き出せるので、自分の本来持っている金銭であるかのようにお金を扱ってしまいがちです。とはいうものの、手にしたお金がカードローン会社から借りたものであることには違いなく、自分の所有している金銭ではありません。

融資の手続きが簡単すぎて、当然のことが見えなくなってしまうのです。そのため、カードローンのデメリットとして、借りたお金と自分のお金の境界線が曖昧になってしまったがために多重債務状態に陥りやすいという問題が出てくるのです。
スピーディに手軽に融資を受けることができるカードローンはとても便利ですが、デメリットを理解し、返済計画をきちんと立てた上で使うといいでしょう。

サイト内関連記事

カードローンとは
ローンを組む、という時のローンとは英語のloanで、意味はそのまま「金を貸すこと......
カードローンのメリット
カードローンのメリットとして考えられる点は、担保がいらないことです。教育ローンや......

▲このページのトップへ