カードローンとは

ローンを組む、という時のローンとは英語のloanで、意味はそのまま「金を貸すこと」です。ローンには用途や貸し方によって種類があり、教育ローンや住宅ローン、自動車ローンなどがあります。用途が限定されているローンで、あらかじめ支払い目的が決まっている状態で借りるものです。

目的が指定されていないローンもあります。カードローンはそうです。カードローンなどローンはお金を借りるわけですから、必ず返済しなくてはなりません。
返済手段は複数ある中から選ぶことができます。一括、分割、リボルビングなどの返済方法があります。借り入れた金額に対して、一度の返済で全額返済するのが一括払い、小分けにして返済するのが分割払いです。分割払いという契約でカードローンの融資を受けた場合、3回以上の分割では利子がつきますが、1度か2度での返済はその限りではありません。

リボルビング払いとは、毎月、利息を含めた一定の金額を支払って行く方法で、カードローンを含め、どのローンもほとんどがリボルビング方式による支払いになっています。月々の返済金額を決め、それに従って完済まで決まった金額をずっと返済するという方法が、リボルビング払いです。
リボルビング払いの返済形式は1つではなく、カードローンを使う時に月の支払額や元金への返済額を決めるようです。

金融商品の中でも、カードローンは様々な会社が扱っています。リボルビング返済で、使途制限はないキャッシング商品という特長があります。

サイト内関連記事

カードローンのメリット
カードローンのメリットとして考えられる点は、担保がいらないことです。教育ローンや......
カードローンのデメリット
カードローンのデメリットを事前に知っておくと、失敗のないカードローン利用ができま......

▲このページのトップへ